不動産登記

不動産である土地や建物の面積や大きさがどのくらいあるのか、誰が持っているのかなどを国(法務局)が管理する帳簿(不動産登記簿)に記載することを指します。

不動産登記簿により、所有者等が明確になっているので安全且つスムーズに大事な不動産に関する取引を行うことができます。

 

どんな時に登記が必要?

 

 

採用に関するお問合わせはこちら

お問合せフォームはこちら

 

  • 行政書士・司法書士・株式会社・一般社団法人
  • 相続遺言推進協議会
  • メディア・出版・アライアンス
  • 横浜相続遺言センター
  • いきいきライフ協会
  • 横浜会社設立相談プラザ
  • 丸の内相続大学校
  • 遺産分割調停 弁護士相談プラザ|法律事務所オーセンス
  • オーシャングループスタッフブログ

News Release

オーシャン運営サイト

運営する専用サイト